学会発表
2015年3月14日 第七回大田区医学会
 ■演題「保険薬局におけるジェネリック医薬品の選択基準に関する実態調査」
  大田区薬剤師会 学術委員会 中畔勇一

 現在、医療費抑制の国策として、処方箋への一般名記載処方とジェネリック医薬品(以下、ジェネリック)への代替が推進され、保険薬局においてジェネリックの調剤率は急速に高くなっている。しかし場合によっては、ジェネリックに替えたことによりアドヒアランスに影響を及ぼす可能性もあり、ジェネリックの選択は調剤において重要な課題と言える。
 患者にとって好ましいジェネリックとは、先発品から切り替えた際に違和感無く使える外観や使用感のもので、かつ経済性が高いものであろう。さらに内服薬であればOD化、苦みのマスキング、小型化等、外用薬であれば使用感の向上、デバイスの簡素化など、先発品にない付加価値のあるものであればメリットはさらに増す。一方、薬局で揃えておきたいジェネリックの選定条件としては、先発品と同じ規格及び包装がそろっている、供給が安定している、添加剤が先発品とほぼ同じである、刻印やシートが判別しやすいデザインである、十分な情報提供が行われている、薬物動態曲線が先発品のそれと類似する等が挙げられる。上記以外にも様々な選定基準があると思われるが、個々の薬局の事情によりその優先度は異なるであろう。
 今回、大田区薬剤師会では各薬局におけるジェネリックの選択基準と、ジェネリックがアドヒアランス等に影響を与えた事例についてアンケート調査を行い報告する。

   ▼本文(PDF)



2014年3月8日 第六回大田区医学会
 ■演題「小児医療における保険薬局での問題点とその解決策」
  大田区薬剤師会 学術・DI委員会 千葉憲一

 小児患者の処方箋を受け調剤するにあたっては、成人への対処とは異なる種々の問題が存在する。患者の背景因子(年齢、体重、既往歴、副作用歴)以外にも、錠剤・カプセルの服用可否、数種類の散剤の処方での混合適否、乳児への服薬指導(散剤を混ぜる媒体の可否)等、配慮すべき多くの事項がある。それらは画一的観点で対処できないものもあり、保険薬局の現場では様々な問題が生じている。 問題事例をいくつか挙げると;1.抗生剤と整腸剤の組み合わせでの適応外処方(ビオフェルミンRはニューキノロン系、ホスホマイシン系には適応外、またラックビーRはテトラサイクリン系には適応外)、2.体重が考慮されていない過剰・過少用量、3.インフルエンザ罹患の吸入未経験の幼児に吸入薬が処方され、吸入実施直後に嘔吐、4.発熱時では減量ないしは休薬すべきテオドールと他剤との混合処方、等々。
 大田区薬剤師会では、これら小児医療現場での諸問題とその適切な改善策・指導例を紹介する。

   ▼本文(PDF)
上へ