実践勉強会
第14回実践勉強会 頭痛について

実践勉強会実施レポート
報告者:保険学術部 田中敏郎・佐川雅夫・中畔勇一



  1. 開催内容
  2.    開催表題=第14回 頭痛について

       開催日時=平成19年9月13日(木)20:15−21:50

       開催場所=大田文化の森 4F

       参 者=美原薬局:田中、サガワ薬局:佐川・嶋田、アサヒ薬局:中畔、にしかわ薬局:新木、

           大森会営薬局:橋本、コーコク薬局:松原、江島薬局:浅野、京浜堂薬局:保科。

  3. テーマ内容
  4.    ?:主に偏頭痛の治療について、エーザイ・北原さんから説明していただきました。


      • 偏頭痛の患者様の多くが、自分が偏頭痛持ちであることを意識してない(気づいていない)。

        頭痛について相談されたときは病態について聞き取り偏頭痛と思われれば受診を薦める。

      • トリプタンの服用タイミングは予兆期(痛くなりそうな気がする時)・前兆期(閃輝暗点の

        最中)では早すぎで効果は無い。じっとしていても痛みがわかる・体動で痛みを感じる等の

        頭痛期初期に服用する。頭痛期のピークや寛解期に服用しても効果が出ないことがある。

      • 1回の処方で最大頓服10回分を限度としている医師が多い。それ以上は査定される

        可能性があるとのこと。

      • マクサルトはSSRIとは併用注意となっている。これはセロトニン症候群が発現する

        可能性が高まるためだが日本国内では1度も報告されていないとのこと。

        (ある医師は併用しても全く問題ないので問い合わせの必要はないと頭痛の勉強会で

        おっしゃっていました 中畔)


    ?:頭痛の服薬指導について

        「頭痛予防のポイント」

        ・長時間のパソコンでの作業:40分を目安に眼を休める。

・冷房:首周りが冷えて頭痛を誘発する。カーディガン、マフラーなどで自衛。

・コーヒー:カフェインの摂りすぎは頭痛の原因に。1日3杯程度に。

・朝寝坊:頭痛は寝不足でも寝過ぎでも起こる。休日も規則正しい生活を。

・極端なダイエット:空腹も頭痛の原因に。女性は貧血にも注意。

・パーティーやコンサート:避けた方が無難。

・肥満:原因不明だが頭痛になりやすいと言われている。

・喫煙:群発頭痛の患者様にはヘビースモーカーが多いことが知られている。

・飛行機への搭乗:気圧の変化のため頭痛を起こしやすい。エコノミークラス症候群

予防のためにもこまめに体を動かす。


今回の一押しパンフレット

・あなたの片頭痛に役立つハンドブック グラクソスミスクライン IGXX16-P0304N

片頭痛発症のメカニズム、鎮痛剤・トリプタン種類と作用・服用タイミング、頭痛対処

法等が紹介されています。大きさも薬袋と同じくらいです。


今回の一押しwebサイト

「スッきりん バイバイ頭痛講座 http://www.sukkirin.com/ 」

頭痛の解説。よくある質問、用語集、相談ができる病院の検索。 ファイザー社提供。

頭痛予防のポイントが生活パターンごとに詳しく説明されています。


以上。