災害と薬剤師

災害時、青いベストの薬剤師


平成23年3月11日 14時46分 東日本大震災発生
マグニチュード9.0の大地震と10メートルを超える大津波が東北地方の太平洋沿岸域に壊滅的な被害をもたらしました。

こうした大規模な自然災害が発生したとき、被災地では医師や看護師とともに、多くの薬剤師が災害医療に従事しています。当会会員の薬剤師も、福島・宮城・岩手などの被災地で活動を行っております。


現在、大田区薬剤師会では東京で大災害が発生した場合に備え、東京都・大田区・地区医師会・歯科医師会・柔道接骨師会とともに、地域防災計画の立案に参加しています。
・大田区災害医療連携会議
  緊急医療救護所設置作業部会
  医薬品等確保作業部会
  周産期医療部会
  透析医療部会

・災害医療訓練       等
災害時、大田区薬剤師会の薬剤師は
青いベストを着用します



(東日本大震災時の救護所での活動)

大震災が発生し、けがをしたら・・・緊急医療救護所へ行って下さい




1.緊急医療救護所の開設
緊急医療救護所は、原則として23区内で震度6弱以上の地震が発生した場合、病院・学校の敷地内又は近隣の計20カ所に、発生から概ね72時間までの期間、開設されます。
医師の診察が必要なけが人は、可能な限り応急処置をした上で、地域の皆さんの手で緊急医療救護所へ運んで下さい。

2.緊急医療救護所で行うこと
■ トリアージ(傷病者に、どのような治療が必要か判断し、患者の中で治療の優先度をつけます)
■ 軽傷者の応急処置(処置の終わった型は、自宅又は避難所に移動していただきます)
■ 中等症以上の傷病者の病院への搬送(原則、緊急医療救護所の近くにある病院へ搬送します)

3.緊急医療救護所の運営について
緊急医療救護所は、区が設置します。(病院のご協力を頂いています)
緊急医療救護所の開設と運営は、医師会、薬剤師会、柔道整復師会の会員及びそのスタッフ、区職員が一緒になって行います。

4.学校医療救護所について
従来からある区内18カ所の学校医療救護所は、発災後72時間以降、主に慢性疾患や避難生活での病気に対応する目的で開設される予定です。


上へ