薬の瓦版
薬の瓦版=平成27年5月25日= 第23号

以下、テキスト版です。

大田区薬剤師会        薬の瓦版            2015年(平成27年)5月25日(月曜日)     (ほぼ週刊)
発行:大田区薬剤師会
東京都大田区中央3−1−3
アルカディア中央1階
危ない!小児の誤飲
 医薬品・医薬部外品(以 下「医薬品等」という。) に関する平成25年度の誤飲 の報告件数は96件で、平成 24年度(57件)より大幅に 増加しております。入院を 必要とした事例も7件あ り、他製品より多い数とな っています。
 医薬品等は薬理作用があ り、重篤な健康被害が発生 した事例も報告されてお り、誤飲した際に最も注意 を要する品目の一つである ため、医薬品等の保管及び 管理には細心の注意が必要 です。また、薬を飲みやす くするために「子供用の液 体飲み薬(シロップ剤)は 味・匂いが良い工夫」がさ れていることから、小児の 誤飲が起こる要因となって います。薬の大量服用によ り、入院を必要とした例も あるために注意が必要で す。

容器の工夫
 小児の誤飲を防ぐための 工夫として、チャイルドレ ジスタンス容器(CR容器) の活用があります。チャイ ルドレジスタンス容器と は、子どもが開けにくいよ うに工夫された容器のこと です。これら容器の種類と しては、安全キャップタイ プやキャップカバータイプ などがあります。安全キャ ップの場合、下に押しなが ら回さないとキャップが開 かない仕組みとなっていま す。キャップカバーの場合、 蓋の側面を指で摘むことに よりキャップが開くように なっています。
 このようなチャイルドレ ジスタンス容器は、一方で 「高齢者や障害者が開けに くいのでは」などの懸念か ら、日本での普及が遅れて います。しかし、アメリカ では薬品へのチャイルドレ ジスタンス容器が義務化さ れており、1973年の法 改正後、アスピリンによる 子どもの死亡率が34%減少 したという報告もありま す。アメリカのチャイルド レジスタンス容器の例とし ては、「キャップを下に押 しながら開けるタイプ」、 「キャップの横を押しなが ら開けるタイプ」、「開口 がセロファンで塞がれてい るタイプ」などがあります。
 小児の誤飲防止対策とし ては、チャイルドレジスタ ンス容器以外にもチャイル ドプルーフがあります。チ ャイルドレジスタンス容器 では容器が主体でした。そ れに対し、チャイルドプル ーフとは子どもが開けにく いように工夫された包装を 指します。例えば、一般的 なPTPの場合、上から押 し出すことで錠剤・カプセ ルを取り出すことができま す。チャイルドプルーフP TPの場合、保護フィルム によって簡単に錠剤・カプ セルを取り出せないように なっています。錠剤・カプ セルを取り出す時、保護フ ィルムを剥がす必要があり ます。このようなチャイル ドプルーフを採用している 製品としては、左から医療 用医薬品のピーガード錠、 一般用医薬品のニコチネル パッチ、医薬品ではありま せんがMiltonCPな どがあります。
知られていない怖さ
   子供のボタン電池誤飲「1時間で食道に穴」も
 好奇心旺盛で、何でも口 に入れたがる乳幼児。誤っ て異物を飲み込んでしまう 事故にヒヤリとした経験を 持つ保護者は多いが、それ がもしボタン電池だった ら、約1時間で食道に穴が 開いてしまうような恐ろし い事故につながることもあ る。ボタン電池の誤飲危険 性について調査を続けてい る消費者庁と国民生活セン ターは、タイマーやリモコ ンなどの電化製品の中には 電池のふたが簡単に開いて しまう構造のものもあり、 乳幼児が口に入れてしまう 危険性もあると指摘してい ます。
 電池を保管しておくケー スのふたが開いているのを 2歳男児の保護者が発見。 あるはずのボタン電池が見 当たらず、「もしや…」と 思い、男児を連れ、病院で レントゲンを撮ってもらっ たところ、食道に電池の白 い影が写っていた。手術で 摘出したものの、食道に穴 が開きかねない状況が続 き、男児は1カ月間入院し ました。
 LEDライト付き耳かき に入れてあったボタン電池 を1歳男児が誤飲。9時間 に及ぶ手術の末に取り出し たものの、放電の影響で気 管と食道に穴が開き、男児 は2カ月間も入院しまし た。



上へ