学校薬剤師
学校薬剤師は児童生徒の健康や健康的な学校環境の維持のために置かれる薬剤師で、学校設置者(教育委員会等)が任命または委嘱することになっています。
そして学校薬剤師は学校の教職員や医師・歯科医師との連携を大切にしながら、様々な職務を意欲的に取り組み果たしていく事になります。

職務内容
・学校保健の安全計画の立案に参画します。
・学校環境衛生の維持や改善に関して必要な指導と助言を行い環境衛生検査に従事します。
・学校において使用する医薬品・理科用薬品・用具や材料の管理に関して指導と助言を行います。
・学習指導要綱に基づく教育活動の指導内容について求めがあれば資料を提供し助言します。
上へ